片付け

【一日一捨】手離すモノから見えた自分のクセ。

こんにちは。

masamiです。

 

ふと、押し入れの中に目がいき、
押し込まれるように突っ込んでいた
こちらを発掘しました。

掛け布団を買った時のパッケージ。

 

寝具の見直しをしているときに買ったものでした。
購入履歴を見たら、6月上旬だったので約2か月放置プレイ。

今後のためにも理由を振り返ってみました。

 

 

なぜすぐ捨てなかったのか考えてみた。

 

その1.収納するときに使うかもしれない

 

捨てられない口実あるあるかもしれませんが、
もし収納することがあれば使うかもしれないという
モッタイナイ病の言い訳が炸裂して、押し入れに放置していました。

掛け布団は通年使えそうな物を購入したので、
収納することはほぼないです。

仮に収納することになっても、
ビニールを使ったり、100均で収納袋を買えば解決やんって話。

 

 

その2.不織布の罠

 

この記事にも書いていますが、
[blogcard url=”https://mchillout.com/itinichiitisute”]

何故か不織布素材の物を捨てるときに
ためらっているなと気付きました。

例えば、これがビニールだったり
紙のパッケージなら迷うとこなく捨てています。

個人的に不織布は要注意!と
今後のためにも頭に刻み込んでおきます。

 

 

その3.長年のクセ

 

汚部屋になった原因といっても過言ではない
『なんとなく置いておこう』が無意識で発動したのかもしれません。

この『なんとなく』は結構厄介なので、
手元に置いておくなら『なぜ?』と自分に問いかけるように
したいと思います。

 

 

”今”必要な物だけを持つ

 

『もしかして使うかもしれない』を基準にして物を保有すると、
高確率で物は増えていきます。

今まではこの『もしかして』が原因で
汚部屋になったにも関わらず、また同じ行動を繰り返そうとしていました。

なんでこんなのが押し入れに?と思ったということは、
記憶からスッポリ抜け落ちていたんですよね。=管理できていない。
必要な物ならちゃんと覚えてますからね。

 

『今、必要な物』という基準は忘れずに
要・不要の判断をしなければ~と肝に命じる。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

『なんとなく』は敵だなと思ったらポチっとお願いします♪

↓ ↓ ↓