汚部屋

【床の上編】汚部屋を脱出だ!とんでもない汚部屋を片付ける方法

こんにちは、元汚部屋住人masamiです。

先日、暗黒の汚部屋写真を公開しましたが、
誰もが認める汚部屋でしたね。

暗黒の汚部屋時代|物だらけの汚部屋写真(ビフォー)を公開しますこんにちは、masamiです。 今でこそ『ミニマリストっ☆』とか言ってますが、ほんの1年ほど前までは 物、物、物だらけの汚部屋でした...

今回は、そんな暗黒汚部屋をどう片付けたのか?
片付けるときのモチベーションを維持する方法などをまとめます。

今回は【床の上編】です

床に置いている物をどうにかする

床が物置状態で、フローリングがほとんど見えていない状態でした。


写真を見てもらったらわかると思いますが、『床どこ?』って言いたくなりますね。
とにかく床をなんとかしないと、奥に進むこともできないので、
まずは床の上に狙いを定めて集中的に片付けることにしました。

 

床の上:ゴミを捨てる


段ボールなどの絶対的ゴミから手をつけました。

ゴミは要・不要の判断をしなくていいため
何も考えずに黙々と手を動かすだけです。

ゴミがなくなるだけでも、結構スッキリします。

 

床の上:不用品を捨てる

・存在を忘れていたもの

・何年も着ていない服

このあたりは、今の自分には必要ないということで
ガンガン処分しました。

この時点でひとつわかったこと。

いつか使うのいつかなんて来ないよ!

 

”今”にフォーカスすると、必要なものはごく少数だと気付きました。

 

床の上:元の場所へ戻す

床の上なのに、服や本などがバンバン置いてある状態だったので、
あるべき場所へ戻しました。

服⇒ハンガーラックへ。

本⇒本棚へ。

本来の場所へ戻しただけですが、かなりスッキリ!
と同時に、『こんなに服や本を持ってたんや~』という気付きもありました。

我が家はとても古い家なので、服を入れるクローゼットがありません。
今はこのメタルハンガーラックを使用中。

●メリット●

・何があるのかすぐわかる

・風通しが良い

 

●デメリット●

・デカイ(存在感がありすぎる)

・服が丸見え

 

モチベーションを維持するコツ

一気に片付けようとしない

1日でいきなり汚部屋になった人はいないはずです。

なので、いきなり1日で全て片付けようとしないことです。

一気にやろうとすると途中で心が折れます。(経験済)

心が折れる⇒中途半端に散らかる⇒余計に荒れる(経験済)

 

私の場合はこのようになってしまったことがあるので、一気に片付けることをやめました。
コツコツやるほうが負担も少ないし、楽しくなってくるんですよね。

・1日15分だけなど、時間を決めて片付ける

・ピンポイントの場所だけ攻める(狭い範囲で)

 

やる気スイッチは自分で入れる

私はよく『やる気スイッチ押してほしい』と言っていましたが、
正解はこちらです。

×やる気スイッチ押す⇒やる

やる⇒勝手にやる気スイッチ入る

行動すると勝手にスイッチが入ります。

 

無理しない

体調が優れない日や『今日はどうしてもやりたくないんやぁぁぁぁ』という日があると思います。

そんな日は何もしません。

思いっきり休みます。

人間だもの。

 

床の上スッキリの効果

今の私の部屋です。

床と壁が見える状態にまでなりました。

床が見えるようになって感じたことは、

・とにかく床に物を置かなくなった

・髪の毛1本でも落ちてたら目立つのでめっちゃ掃除する

・物がないので掃除が楽すぎる

・床は床(物置きじゃない)

・何もないって気持ちいい!

片付け下手の私でもできたんや~!とテンションが上がりました。

とにかく『もうあんな汚部屋に戻りたくないぜ!』の気持ちが強いです。

 

参考になりましたら嬉しいです。

 

次回につづく。(予定)