片付け

記憶から消えていた食器を手放しました。

masamiです。

スポンサーリンク

食器棚の中に入っていたコチラの食器たち。

ここ数か月は使った記憶がない物たちです。
昔は愛用していましたが、今の自分の趣味ではない(柄とか)のと
古びてきたので思い切って手放しました。

記憶から消えていた物なので未練は微塵もないです。

 

見えない場所にあるものは記憶から消える

 

普段は全然見えない、食器棚の一番上の段にあったので全然気付きませんでした。

 

この食器棚は、背が高くかなり古いもの(20年以上使っている)なので、
使い勝手は悪いです。

実家の食器棚あるあるかもしれませんが、
家族の人数分以上の食器がパンパンに詰め込まれていました。
これでもかなり減ったほうです。

一番上の段の突っ張り棒は、
食器を詰め込んでいた時の名残です。
もういらないのでこの突っ張り棒も処分ですね。

しかし、全体的に統一感がなさすぎて笑う。

 

柄入り食器は使いにくい

昔は、ポップな色使いや柄ものが大好きでした。

見た目はかわいい反面、飽きがくるのです。

買い足しや買い換えたくなっても、もう売っていなかったりします。
どこで買ったのかすら思い出せず・・・。

センスのある方ならいいのですが、私はセンスが皆無なので
料理が食器に負けるという残念なこともありました。

 

今後取り入れる食器は、シンプルで買い替えに困らないものにしようと考えています。

 

柄好きだったころは、シンプルな食器に見向きもしなかったのに
人間って変わる生き物なんだなと実感しています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます♪

 

 

こちらの記事もおすすめ☆