片付け

【21年物】今となっては何で持っているのかわからない物を大処分!

masamiです。

まだまだ片付け中です。
かなり物が減ってきたといっても、思いがけない場所から色んなものが発掘されます。

片付け中に21年以上持ち続けていた物を発掘したので、思い切って全て処分してみました。

 

映画のパンフレットを処分

映画のパンフレットを処分しました。

なんかもう、何でこんな物がまだあるのか?と不思議に思ってしまうくらい、
記憶から抹消されていたパンフレット達。

今はもう何年も映画館に行ってませんが、昔はよく映画を観に行っていました。
いつからか、映画を観るたびにパンフレットを買うのが習慣になっていて、
気付いたら増えていたという感じ。

ロストワールドの公開が1997年なので、21年も持っていたことになりますね。
しかも、2回の引っ越しにも持って行くという意味不明っぷり。

当時は何の疑問もなく持ち続けていましたし、処分するとか考えていなかったですね。

『せっかく買ったものだし、もう手に入らないしもったいない』と思って、執着していたのでした。

 

ヤフオクで売れると思っていた

捨てるのがもったいないので、ヤフオクで売ろうと思っていました。
すぐにでも売ればいいのに、出品めんどくさいな~と思って放置し続けていました。

ネットショップでは、中古でも300円くらいで購入できるみたいです。

出品するには、写真を撮って、説明文を書いて、出品して(売れるとは限らない)梱包して発送するというめんどくさい作業が発生します。

この労力と数百円を天秤にかけたとき、『めんどくさーい!』が大勝利してしまいました。

超レアで価格高騰している物なら出品する価値はあると思いますが、売れるかわからない物をいつまでも持ち続けるのはストレスです。

 

捨ててスッキリ

はい。一気に捨てました。
一応捨てる前にパラパラっと見てみましたが、何の感情も沸かず『無』ですよ『無』。

値段のことはあまり考えたくないですが、当時1冊500円~700円くらいしたと思うので、2万円分くらいはあると思います。

なんでパンフレットを買うことにしたのかは、当時の私に聞かないとわからないのですが、いわゆる記念品だったのかなと思います。

収集という意味では、旅行の記念に買ってしまう提灯と似ているかもしれないです。
和室とかに、やたらご当地提灯が飾られているお宅ありますよね。

当時は、中途半端に収集癖があったので、中途半端に集められた物がたくさんありました。
飽き性なので一貫性がなく、一つの物を徹底して集めるタイプではなかったですね。

中途半端に収集したものなので、特に思い入れもなくサクっと処分することができました。

『早く出品しなければ!』という焦りから解放されたので、私は捨ててよかったと思っています。

 

まとめ

 

・売れるものはすぐ売る。

・出品する労力が面倒くさいと思うなら処分する。

・宅配買取で一気に手放す。

いずれにしても、この選択は早いほうが良いですね。
そうじゃないと、私のようにいつまでもずーーーーっと持ち続けて結局捨てるということになります。

以前、本を一気に処分したくてブックステーションさんの宅配買取を申し込んでみましたが、とても簡単でスピーディーでした。

もう重たい本を抱えてお店に持ち込むとか考えられません。笑

 

masami的に良いなと思った点は、

1.梱包用の段ボールを無料で送ってもらえる。

2.身分証明書のコピーを送らなくて良い。(段ボールを受け取る際に本人確認が済むため

特に身分証明書はコピーが面倒なのと、紙媒体で送るのが少し抵抗あるので、
この点で選んだと言っても良いくらいです。

一度でたくさん手放せるので、本棚が一気にスッキリ空間になります。
本が増えてきたら、またお願いしたいです。

 

☆コチラから【宅配買取ならブックステーション】

 

 

→ブログランキング参加中です