おもうこと

人間が死ぬときは本気の本気で手ぶらなので、もっと持ち物を減らします。

こんにちは、masamiです。

先日、祖母が亡くなりました。

 

80歳を超えている&施設(病院)へ入っていたので、

『いつかは・・』と思っていたけど、想像以上に早く亡くなってしまいました。

いつかとは思っていても、その時が来たら

本当にびっくりしますね。

死ぬときは手ぶら

 

本当に何も持っていけません。

どんなに愛着がある物も、手放すのが惜しい物も、お金も持っていけません。

 

棺には『燃えるもの以外入れないで』と言われました。

プラスチック製のもの⇒NG

金属が入っている物⇒絶対NG!

らしいです。

自治体によって違うかもしれません。

判断に迷う曖昧なものは入れないほうがベストです。

何でもかんでも入れたらダメなんですね。

 

我が家はお花しか入れませんでした。

 

『死ぬときは何も持って行けない』と、ずーっと頭の中では思っていたことだけど、

いざ目の当たりにすると、『やっぱり手ぶらなんだね』と思わずにはいられませんでした。

 

本気の本気で手ぶら!

 

持ち物はさらにミニマルに。

何も持っていけないのなら、もっともっと持ち物が少なくても大丈夫なんじゃないかと

思い始めました。

なので、自分の持ち物をもっと削ぎ落していくことにしました。

 

暗黒汚部屋時代から比べると、かなり物はなくなりましたが

まだまだ余計な物を持っています。

あわせて読みたい
暗黒の汚部屋時代|物だらけの汚部屋写真(ビフォー)を公開しますこんにちは、masamiです。 今でこそ『ミニマリストっ☆』とか言ってますが、ほんの1年ほど前までは 物、物、物だらけの汚部屋でした...

 

もっと削ぎ落とせるね。

 

遺品は残したくない。

私は遺品ゼロ!が理想だと思っているけど、さすがに持ち物1個もないなんて難しい。

スマホや財布やカードを持っている時点で、持ち物ゼロじゃないですもんね。笑

 

ゼロは難しいとしても、サクっと処分してもらえるような物量でいたいと思う。

自分がいつ死ぬかなんて誰にもわからないことなので、

『もし明日どうにかなっても大丈夫!』と言い切れる物量でいたいなと

考えてます。