そうじ

ズボラーだから楽したい!”ながら掃除”のススメ

masami
masami
アイ アム ズボラ~~~!

マサミ(@chillout_masami)です。

こんにちは。

 

汚部屋時代は、私の辞書に『掃除』という言葉が見当たりませんでした。

物が多すぎて、掃除すらできないという汚部屋だったからです。

暗黒の汚部屋時代|物だらけの汚部屋写真(ビフォー)を公開します今はミニマリストですが、ほんの1年前までは『暗黒の汚部屋』に住んでいました。物への執着、先送りグセ、過剰なストックなど汚部屋要素しかない暮らし方の悪い見本ということで当時の写真を公開しています。自分でもドン引き・・・ ...

↑こんな物だらけの部屋でよく生活していたなと、今ではびっくりです。

 

余計な物がなくなると、マメに『掃除しようかな』と思えるのですよ。

元汚部屋住人でしたが、人間変わろうと思えば変わるものだなと実感中。

 

楽して掃除したい

なるべく楽して暮らしたいと思っている私は、掃除もできるだけ手間や時間をかけずに終わらせたいと思っています。

そんな私が実践している方法は、ながら掃除です。

こんな感じです。

意識は映画に集中しつつ、手だけ掃除してる感じですね。

ツイートのとおり『気付いたらキレイになってる!』という状況です。

わざわざ掃除をするのは面倒だけど、キレイをキープしたいというわがままな願望をかなえてくれる素晴らしい方法です。笑

日常は、このながら掃除だけでも十分キレイです。

スポンサーリンク



ちょっとした隙間時間も有効活用しています。

いま時間があるから掃除しよう!って感じです。

床掃除なら2~3分あれば十分です。

 

床に物がないので、すぐ掃除に取りかかれるんですね。

物があると掃除するまでのハードルが上がりまくりです。

 

ゴロゴロしながらでも掃除はできる

ズボラーの極み!

コロコロ片手にゴロゴロしています。

そのうち全身モップ付きの服でゴロゴロしだすかもしれません。笑

 

掃除へのハードルを下げる

『掃除をする』ことの邪魔をしているモノがあれば、できるだけ排除しておくほうが良いです。

例えば、

床に物があって”どかす”作業をしないといけない

掃除道具(掃除機など)を出してくるのが大変

こんな感じです。

まずは、床に何も置かないようにするとか、手軽な掃除道具を導入してみるとか、すぐに取りかかれる環境にしてみるのが良いですね。

ハードルが下がると、いつでも思いついたときにすぐ掃除できます。

 

完璧主義を捨てる

いつも隅々までピッカピカを目指さなくていいと思っています。

完璧じゃなくていいんです。

今日は何もしたくないな~という日もあると思います。私はしょっちゅうあります。

そんな日は無理せず休みます。

完璧主義を捨てると、とても心が楽になりますよ。

楽しく掃除したいですよね~!