美容と健康

安いヨガマットを買ったら使い心地が悪すぎて失敗した話

こんにちは。

マサミ(@chillout_masami)です。

2017年6月からヨガを習い始めて、なんだかんだで一年半が過ぎました。
自分でも続いていることにびっくりだけど、ゆるゆる通っています。

長く続けるコツは、

がんばらないこと
日常生活のルーティーンに落とし込むこと

あとは、自分との戦いです。

『今日はやめとこうかな』とよく思ってしまうんですけど、ヨガへ行く日は帰宅したらすぐヨガウェアに着替えています。

そうすると『せっかく着替えたし、行こうか』になるんですよね。
少しでもゴロゴロしてしまうと、めんどくさいなと思ってしまう。
人間てズボラな生き物ですね。

masami
masami
筋金入りのズボラーですわ。

 

今日はヨガマットで失敗した話をしたいと思います。

 

ヨガマットは必須アイテム

ヨガレッスンでは、ヨガマットが必須アイテムです。
ヨガマットが必要な理由は下記のとおりです。

・床の傷防止や身体を保護するため
・グリップ力を高めてきれいなポージングをするため
・汗を吸収してくれる

大体こんな感じです。

私はとても汗かきなので、ヨガ中は季節関係なく汗が出ます。
ヨガレッスンはフローリングの上で行うので、マットがないと汗で滑って凄く危険です。

実際にやっていて思うのが、ヨガマットなかったら痛くて何もできん!というのが本音です。

masami
masami
脂肪があっても関係なしで痛い!

スポンサーリンク



安物を買って失敗

使用していたヨガマットがボロボロになってきたので、買い替えることにしました。
色々調べてみると、ヨガマットの価格は結構幅があるんですよね。

安い物は1000円台~
高い物は1万円を超えるものまであります!

masami
masami
幅ありすぎて迷う

 

結局は、安いのでいいや~と1,500円くらいのヨガマットを購入しました。

貧乏性だね。

2~3回使ってダメだこりゃ!と気付く

初めて使ったときに違和感を感じました。
違和感を感じつつも『せっかく買ったしな~』ということで、無理矢理2~3回使ってみたんですが、やっぱり使い勝手が悪かったです(私の場合)

滑る

滑らないようにマットを使っているのに滑る。
『え、ヨガマットの意味ないやん!?』と自問自答。

芸人や受験生には悪魔の言葉『スベる

ギュルギュル音が鳴る

素材の問題だと思いますが、ポーズを変えるたびに”ギュルギュル”という音が鳴って
ヨガに集中できませんでした。

人によっては、とても不快な音だと思います。

ゴムくさい

ニトリルゴム製のマットを買いました。
購入したばかりというのもあると思いますが、ゴムっぽい臭いが気になりすぎて
ヨガに集中できませんでした。

うつ伏せになった時なんか、息を止めてましたから。
臭かった・・・

※時間が経てば、臭いは軽減されるかもしれません。知らんけど。

分厚すぎた

分厚いほうがクッション性が高そうな気がして、10ミリという極厚なものを購入しました。

厚ければイイということでもないんだなと気付きました。

買い替えてノンストレス

ヨガ教室で買えるオリジナルのヨガマットを購入したら、これが良かったんです!
ちなみにお値段8,000円ほど。
必要な物なので、高いとは思っていません。

先生いわく、結局はこのマットになる人が多いとのこと。

masami
masami
最初から買っておけばよかった

幅は一般的なヨガマットサイズですが、長さが180cmあるので高身長の人でもハミ出ないんです。

ギュルギュル音や変な臭いもありません。
汗もちゃんと吸ってくれるので、滑る心配もほぼナシ!
このマットになってから滑り知らず。

世界的にはマンドゥカのヨガマットが人気です。

 

まとめ

値段にこだわると失敗する

安いに越したことはないんですけど、値段が全てではないですね。
昔からよく失敗してましたが、まだ安物買いの銭失いはたまにあります。

買う理由が”値段”のときは、失敗率が高いなと思います(経験より)

 

ストレスになる物は持たない

ストレス発散を兼ねてヨガへ行っているのに、マットでストレスを感じてたら
何の意味もないなと思うわけです。

ストレスを感じる物って、持ってること自体が嫌ですね。